【管理栄養士監修】ヨーグルトは髪に良い?ヨーグルトと薄毛の関係について解説

Uncategorized

ヨーグルトは、成分である乳酸菌がお腹の調子を整えてくれたり、骨や歯を丈夫にするなど、様々な健康効果が知られています。

毎朝の朝食に…小さなお子様のおやつに…風邪を引いた時の免疫力アップにも欠かせないヨーグルト。

そんなヨーグルトが薄毛にも効果があることをご存知ですか?

今回は、薄毛に対するヨーグルトの嬉しい効果について検証し、おすすめのヨーグルトも併せてご紹介します。

ヨーグルトに薄毛改善効果が期待される理由とは?

プレーンヨーグルトの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料 ...

ヨーグルトが薄毛改善に期待される理由は、大きく分けて3つあります。順に説明していきますので、以下をご覧ください。

ヨーグルトの薄毛改善効果①:髪の成長に必要な栄養素をバランスよく含んでいる

ヨーグルトは乳製品であり、カルシウムやタンパク質、ビタミンDなど、健康な髪の成長に必要な栄養素を豊富に含んでいます。

中でも、ヨーグルトに含まれるビオチンやビタミンB群は、健康な髪の成長や頭皮の状態をサポートします。

特にビオチンは、薄毛や抜け毛の改善に効果があるとされています。これらの栄養素は、頭皮と髪の健康を促進し、薄毛を防ぐのに役立ちます。

ヨーグルトの薄毛改善効果②:腸内環境を整え、効率的に栄養素を吸収できる

ヨーグルトに含まれる乳酸菌やプロバイオティクスが、腸内細菌のバランスを整えるのに働きかけます。腸内細菌のバランスが整うことで、体内の炎症が軽減され、これが薄毛や頭皮トラブルの改善につながります。

ヨーグルトや乳製品に含まれる薄毛改善に効果のある栄養素

タンパク質髪の主成分であるケラチンの元として重要なタンパク質。ヨーグルトに含まれているタンパク質は、乳酸菌の力で微細なサイズに分解されているため、腸の中で効率よく吸収することができます。タンパク質が不足するとヘアトラブルの原因になったりします。
ビオチンビタミンB群の一つで、髪の主成分であるケラチンの合成を助ける栄養素。髪の土台となる頭皮を健康に保ち、血流を促進して、毛根に栄養を届けやすくする作用があります。ビオチンの不足は薄毛や抜け毛の原因になる可能性があります。
カルシウム髪の成長に必要なミネラルの一つであるカルシウムは、頭皮の健康をサポートします。髪の毛の育成には関係ないと思われるかもしれませんが、カルシウムが不足すると、イライラや不眠になりやすくなります。不眠やストレスは薄毛の原因の一つであるため、カルシウムをしっかり摂取し、メンタルを安定させることが大切です。カルシウムは、髪色をつくるメラニン色素の生成にも関与します。
ビタミンD毛母細胞の免疫機能を高め、活性化させて、髪の成長を促す効果があります。また、カルシウムの吸収を助けて、美しい髪色をつくるのに役立ちます。白髪予防や頭皮の健康を維持するために欠かせない栄養素です。
亜鉛亜鉛は、髪の主成分であるケラチンの生成に関わる栄養素です。亜鉛が不足すると、ケラチンがうまく合成されないため、新たな髪が生えづらくなってしまいます。
プロバイオティクスプロバイオティクスは、腸内環境を整える微生物のことを指し、主に乳酸菌やビフィズス菌などがあります。腸内の悪玉菌の働きを抑えて、善玉菌を増やすよう働きかけます。腸内環境のバランスを整えることで、栄養を効率よく吸収でき、薄毛や頭皮トラブルの改善とともに全身の健康も促進します。

薄毛改善のためにおすすめなヨーグルトの食べ方

ヨーグルトには薄毛改善のために役立つ栄養素がたくさん含まれていますが、その食べ方も重要です。以下は薄毛改善のためにおすすめなヨーグルトの食べ方です。

毎日食べる

ヨーグルトを毎日食べることで、体に必要な栄養素を継続的に摂取することができます。

食後にヨーグルトを食べる

生きた乳酸菌を腸まで届けるためには、胃酸や胆汁で乳酸菌が死滅してしまわないように食後に摂取するのがおすすめです。

乳酸菌自体は酸に弱く、特に胃酸は自身をも溶かしてしまうほどの強い酸性なので、食事の後にヨーグルトを食べるか、何かしら胃に入れてからヨーグルトを食べるようにしてください。

プレバイオティクスと一緒に摂取すると相乗効果アップ!

プレバイオティクスは食物繊維やオリゴ糖のことを指し、腸内にある善玉菌のエサとなって善玉菌を育ててくれます。

プレバイオティクスを含む食べ物と一緒にヨーグルトを摂取すると、腸内環境を整える働きがより活発になり、栄養を効率よく摂取できるため、薄毛改善効果を高めてくれます。

-プレバイオティクスを含む食品-

大豆、牛乳、こんにゃく、ごぼう、海藻類、バナナ、キャベツ、りんご、キウイ、いちじく、オレンジ、ブロッコリー、はちみつ、きなこ

ヨーグルトにフルーツを混ぜることは、プレバイオティクスとプロバイオティクスを同時に摂取することができるから、理にかなっているのだね!

無糖や低脂肪のヨーグルトを選ぶ

加糖タイプのヨーグルトには、砂糖が多く添加されているため、糖質を摂りすぎることにつながります。

適度な糖質は体に必要ですが、摂りすぎると血流が悪くなり、薄毛を悪化させたり、糖尿病などの生活習慣病のリスクもあります。

また、砂糖は体内で分解する際に大量のビタミン類を消費するため、老化を促進させ、抜け毛が増える原因にもなります。

ヨーグルトを選ぶ際は、無糖(プレーン)や低脂肪のヨーグルトを選ぶようにしましょう。

トッピングを工夫する

ヨーグルトに健康的なトッピングを加えることで、栄養価をさらに高めることができます。例えば、ナッツやフルーツ、シリアルなどを加えると良いでしょう。

栄養がギュッと濃縮されているドライフルーツなどもおすすめです。

ナッツやシリアル、ドライフルーツには食物繊維が豊富に含まれており、ビタミンやミネラルも補うことができるため、おすすめです。

ヨーグルトを食べる時に注意すること

薄毛改善のためにヨーグルトを食べる際には、以下の点に注意すると良いでしょう。

栄養価を重視する

ヨーグルトを選ぶ際には、栄養価の高いものを選ぶことが大切です。乳製品やプロバイオティクスが豊富なヨーグルトを選びましょう。

追加糖分を避ける

無糖や低糖のヨーグルトを選ぶことで、追加の砂糖摂取を避けることができます。砂糖摂取が多いと、血糖値の急激な上昇が起こり、これが薄毛や頭皮の問題を悪化させる可能性があります。

プロバイオティクスを摂取する

プロバイオティクスが腸内の健康をサポートし、薄毛改善に役立ちます。プロバイオティクスが含まれるヨーグルトを積極的に選んで摂取しましょう。

バランスの取れた食事と組み合わせる

ヨーグルトをバランスの取れた食事と組み合わせることで、栄養摂取を補い、薄毛を改善することができます。健康的な食材との組み合わせを考えて食べると良いでしょう。

過剰摂取に注意する

ヨーグルトは栄養価が高いですが、過剰摂取は良くありません。バランスの取れた食事の一部として適量を摂取することを心がけましょう。

薄毛改善におすすめのヨーグルト4選

薄毛改善におすすめのヨーグルトを4つ挙げます。

ギリシャヨーグルト

ギリシャヨーグルトは通常のヨーグルトよりもタンパク質が豊富で、ビオチンやカルシウムも含まれています。無糖や低糖のバージョンを選ぶと良いでしょう。プロバイオティクスも含まれており、腸内の健康も促進します。

↓購入はこちらから

低脂肪のヨーグルト

過剰な脂肪摂取は血行を悪化させる可能性があり、それが薄毛に影響を与えることがあります。低脂肪のヨーグルトを選ぶことで、健康な脂肪バランスを維持しつつ栄養を摂取することができます。

低脂肪ヨーグルトでは、「恵 megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト」がおすすめ!

ガセリ菌SP株を配合し、脂肪の吸収を抑え、内臓脂肪を減らすのを助けるため、薄毛予防と併せて食生活改善もできる優れものです。

↓購入はこちらから

プロバイオティクス入りのヨーグルト

プロバイオティクスは腸内の健康をサポートし、免疫機能を向上させることが知られています。プロバイオティクス入りのヨーグルトを選ぶことで、薄毛改善に役立つ可能性があります。

「ビヒダスプレーンヨーグルト 脂肪ゼロ(森永乳業)は、大腸まで届くビフィズス菌BB536を配合。酸味を抑えたまろやかな味わいが特徴です。脂肪が気になる方にも嬉しい脂肪ゼロタイプのプレーンヨーグルトです。

↓購入はこちらから

有機・無添加のヨーグルト

有機のヨーグルトは農薬や化学物質が少なく、健康に配慮した食品です。また、無添加のヨーグルトは不要な添加物が含まれていないため、体に負担をかけずに摂取することができます。

「小岩井 生乳100%ヨーグルト」は、添加物不使用で美味しさを追求したヨーグルト。生乳だけをじっくりと発酵させた、酸味の少ないなめらかなプレーンヨーグルトです。

ビフィズス菌(ビフィドバクテリウム・ラクティスBB-12)の働きにより腸内環境を改善し、おなかの調子を良好に保ちます。

↓購入はこちらから

まとめ

今回はヨーグルトがもたらす、薄毛への嬉しい効果について検証し、おすすめのヨーグルトをご紹介しました。

普段何気なく食べているヨーグルトですが、ヨーグルトは薄毛に効果が期待できる栄養成分が豊富に含まれています。

ただし、薄毛の改善には個人差がありますし、ヨーグルトだけで解決するわけではありません。バランスの取れた食事や健康的な生活習慣を続けることが重要です。

食べてみたいヨーグルトは見つかりましたか?

薄毛が気になる方、予防したい方に、今後ヨーグルトを選ぶ際の参考になれば嬉しいです。

サイト運営者:小森 蘭子
大学在学時、管理栄養学を専攻。現役で管理栄養士国家試験に合格し、管理栄養士の資格を取得。その他に栄養士、栄養教諭免許を保持。 フードコーディネーター、パンシェルジュ検定2級取得など、食のプロフェッショナルとして幅広い知識を得ている。 栄養職員として小学校で2年間勤務した後、特定保健指導の仕事に管理栄養士として3年間従事していた経験がある。 現在はパン屋さんとWEBライターを掛け持ちしながら、家事や子育てにも邁進中。 自分のレシピ本を出版するのが夢。 世界中の人と料理の素晴らしさを共有し、かけ橋になれるような管理栄養士・料理家を目指している。 夢に向かって、ライターの経験を積みながら、フード撮影やレシピ開発等も勉強中。
Uncategorized
小森 蘭子をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました